« Time flies | トップページ | Welcome Kent! »

May Steve soul rest in peace.

スティーブ・ジョブズが亡くなった。

ただの有名人、大企業の元社長が亡くなったというレベルではない。世界的に影響がでかすぎる。

スティーブ・ジョブズは言わずとしれたAppleの創業者の1人であり、前社長。そして、トイ・ストーリー等を手がけた大手アメリカアニメーション映画配給会社、ピクサーの創始者。彼が創り上げた世の中を検証してみる。どれだけのスタンダディゼーションに彼が関わっているか。
(ちなみに自分はスティーブを尊敬して止まないが、アップル信者ではないし、製品はiPodしか持ってないw)

PC
パーソナルコンピュータを普及させたと言われている。 それまでは、サーバセンターみたいな場所でものすごく大きな機械で管理されており、一般人からはなじみの無かったコンピュータ。 そんな時代、素人に扱いやすいMacintosh128Kを発売し、一気にパソコンが世の中に普及し始めた。

OS
Windows95 が世の中のPC普及に大きく関わったのは確か。 ただ、そのWindowsがDOS(黒い画面でコマンドを打つOS)から、GUI(現在のように、マウスで扱うOS)に移行させたのは、上記のMacintoshが大きく影響している。
コマンド入力方式から、マウスを利用して操作する方式を生み出したのはスティーブ・ジョブズのいた頃のApple社。現在のOSの基礎を作った。

音楽プレイヤー
ソニーのウォークマンが実質、世界的にも権力を握っていた。手法は、MDだったりCDだったりの媒体に音楽をコピーして聴くスタイル。CDやMDのような記録媒体も必要なため、機械も比較的大きく持ち歩くにも場所を取った。
その時代に、ハードディスク方式のiPodを投入。コンパクト化に成功。コンパクトかつ、わかりやすいインターフェースを提供し、爆発的なヒットを生む。 iPhoneの踏み台として売り出した、iPod touchはWi-Fiでインターネットも可能にする。

スマートフォン
ここまでスマートフォンを普及させたのは、iPod touchに携帯機能を付けたiPhoneの登場、つまりはスティーブ以外の何者でもない。 サムスン、モトローラ、HTCなど色んなAndroid携帯を作っている企業があるが、所詮はiPhoneの模倣に過ぎない。それは誰もがわかっていると思うけど。
いつも先頭に立ち続けるアップル。常に他社はアップルの背中を追い続ける。ここ数年はそんな図式。
画面の広げ方とかスライド方法とか、あのタッチパネルの操作方法もアップルが生み出した手法。
俺の選択基準も同じ、アップルがベース。アップルにないものかつ必要な物を備えていれば、即決。

タブレット
ご存知の通り、これもAppleのiPadが走り出し。 あれが発売され、俺が持っているGalaxyTabなどの模倣品が現れ、スマートフォンや書籍リーダという位置づけよりも、小型PCとしての役割として見直されるようになり普及に至る。


簡単に挙げて、これだけのスタンダードがスティーブの創り上げた世界。
この人がいなかったら、今のスタンダードに辿り着くまでにあと何十年必要だったのだろう?下手したら、2桁では終わらないかもしれない。

アップルをクビになってもピクサーを立ち上げて世界的なトップ企業にし、経営難のアップルに戻るや否や、iMacで一気に回復し、マイクロソフトに大きく差を広げられていたアップルを再浮上させた。いとも簡単に世界標準を創り上げていき、普通の人ならへこたれる場面 (アップル社追放) もプラスに持って行く (ピクサー発足) 発想。

天才、スティーブ。

世の中に必要な天才は亡くなるのが早い。皮肉だ。


もうひとつ、スティーブで特筆すべきはプレゼンテーション。 それまでのプレゼンってつまらない物だったんだよね。堅苦しくて、資料も文字が多くて文字が多いがために読みづらくて。読み物なら家帰って読むから、お前は早く演説終えて(・∀・)カエレ!!。 ってのが通常だった。
スティーブは違う。ジーンズという常識を打ち破るカジュアルな格好で傍聴者の親近感を抱かせ、利用シーンもわかりやすく説明。そして、傍聴者にお茶目に問いかけて笑いを誘う。笑いを誘って、サプライズを引き出す。スライドも無駄な物は一切なし。シンプルかつ明確。 あのやり方は度肝を抜かれた。 英語がわからなかった頃も、見てて何となく雰囲気で面白かったし、惹きつける何かがある。英語がわかるようになって、尚更。それがスティーブのプレゼン。すごい憧れるし、尊敬する。

SoftBankのハゲも、頭いいから面白いプレゼンをするけど、でも所詮はスティーブのオールパクリ。

このプレゼンテーションのスタンダードもスティーブ・ジョブズが創り上げたものか。


最後に、この話をつけておきます。(字幕つき) とってもいい話。
今が必ず未来に繋がるから大切に生きろと。

Stay Hungry, Stay Foolish.

May Steve soul rest in peace.
Thank u Steve. Thank u for ur everything. I'm really impressed u everything.

|

« Time flies | トップページ | Welcome Kent! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: May Steve soul rest in peace.:

« Time flies | トップページ | Welcome Kent! »